美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

美容外科の看護師が辞めたいと思う3つの理由とその対処法を教えて!

美容外科の看護師が辞めたいと思う理由にはどんなものがあるのでしょうか?また、辞めたいと思ったらどうしたら良いのでしょう?

今現在、美容外科で働いていて辞めたいと悩んでいる看護師さんも、これから美容外科で働こうと思っている看護師さんも必見の情報です!

美容外科の看護師が辞めたいと思う3つの理由

美容外科の看護師が辞めたいと思う理由ってどんなものでしょうか?

美容外科で働く看護師さんが、辞めたいと思う理由のベスト3をご紹介します。

やりがいを感じない

美容外科の看護師さんが辞めたいと思う理由の1つ目は、やりがいを感じないことです。看護師の仕事は病気や怪我で苦しむ患者さんを元気にすることです。

そして、そのことにやりがいを感じている人は多いと思います。でも、美容外科を受診する患者さんは、健康な人ですよね。

健康な人が、よりきれいになるために訪れる診療科ですので、看護師としてのやりがいを感じずに辞めたいと思うようになるんです。

ノルマがきつい

美容外科を辞めたいと思う理由2つ目は、ノルマがきついことです。美容外科クリニックの中には、看護師に営業ノルマを課すところがあります。1ヶ月の施術成約件数や関連化粧品の売り上げなどですね。

営業が得意で毎月ノルマを達成するのが当たり前、ノルマは苦ではないという人は良いのですが、営業が苦手でノルマを達成できないという看護師さんにとっては、ノルマがストレスになって辞めたいと思うんです。

接客業みたいで嫌

自由診療である美容外科クリニックは、患者さん=お客様です。そして、先ほどもお話しましたが、看護師が営業することもありますので、患者さんとして接するのではなく、お客様として接しなければいけません。

そのため、頭では美容外科クリニックでは当然のこと、仕方がないことと理解していても、心の中では「私は看護師なのに、何でこんな接客業みたいに、患者さんに謙って接しなくちゃいけないの?」と疑問に思ってしまうんです。

美容外科の看護師が辞めたいときの対処法=やりがいを感じない

美容外科の看護師が辞めたいときの対処法を考えていきましょう。最初は、やりがいを感じなくて辞めたい場合の対処法です。

美容外科の患者さんは、基本的に健康だし、病気や怪我で苦しんでいるわけじゃないからやりがいを感じないという看護師さんは、ちょっと考え方を変えてみましょう。

看護師のケアって、身体面のケアも重要ですが、精神面のケアも同じくらい重要ですよね。そして、精神的なケアは体が健康でも必要な場合があります。

美容外科クリニックに訪れる患者さんは、みんな外見にコンプレックスを抱えているんです。そして、美容外科の看護師はそのコンプレックスを解消する手助けをする仕事です。

つまり、美容外科の看護師は患者さんの精神的なケアをして、患者さんの心を前向きにしているんです。そう考えると、美容外科の仕事にやりがいを感じませんか?

そして、精神的なケアにやりがいを見出すことができれば、辞めたいという思いは解決できますよね。

美容外科の看護師が辞めたいときの対処法=ノルマがきつい

美容外科の看護師が辞めたいときの対処法、次はノルマがきついと感じて辞めたい場合の対処法です。

ノルマがきついと感じた場合は、残念ながらその美容外科クリニックは退職したほうが良いでしょう。

なぜなら、やはり営業は向き不向きが大きく、営業が苦手な人はどんなに努力をしても、劇的に営業が得意になることはほとんどないからです。

ノルマがきつい、営業が嫌だなぁと思いながら働いていも楽しくありませんし、ストレスがたまっていくだけですよね。

それなら、思い切って退職して、ストレスがない職場で新しいスタートを切ったほうが良いでしょう。

でも、「美容には興味があるし、美容外科クリニックは給料も良いから…」と退職を躊躇する人もいると思います。

そういう人は、ノルマがない美容外科クリニックに転職すれば、一件落着です!美容外科クリニックのすべてが看護師にノルマを課すわけではありません。

ノルマがない美容外科クリニックもあるんです。ノルマがあるクリニックよりは、多少給料が下がってしまうかもしれません。

それでも保険診療のクリニックよりは給料が高めですし、美容関係の仕事ができますので満足だと思いませんか?

美容外科の看護師が辞めたいときの対処法=接客が嫌

美容外科の看護師が辞めたいときの対処法、最後は接客が嫌という理由で辞めたいときの対処法です。

接客業のような仕事が嫌という場合は、自由診療ではなく保険診療を行っている病院やクリニックに転職しなければ行けません。

たとえ美容外科でなくても自由診療をやっている限り、患者さん=お客様ですので、看護師は接客業のような仕事をしなければいけないのです。

ですから、保険診療を行っている病院やクリニックに転職すると、あなたがイメージしているような看護師と患者さんの関係で接することができます。

あなたが自由診療以外の職場を探すなら、1つ注意しなければいけないことがあります。それは、「自由診療」ではないのですが、有料老人ホームは避けることです。

有料老人ホームは医療法人などではなく株式会社が経営していることが多いので、入居者さん=お客様になります。

美容外科クリニックほどではないかもしれませんが、接遇には厳しいところが多いので、有料老人ホームは転職先の候補から除外しましょう。

まとめ

美容外科の看護師が辞めたい理由3つとその対処法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

辞めたいと思ったら、その勢いのまま辞めるのではなく、一呼吸おいて、どうやったら効率良く、しかも確実にその悩みを解消できるのかを考えて行動すると良いでしょう。

もし、ノルマがきつくて辞めたい、接客が嫌で辞めたいという人は、転職サイトを使って転職先を探しましょう。

転職サイトなら担当者に「ノルマがない美容外科クリニックが良いです!でも、できるだけ給料は高いほうが良いんですけど」と伝えれば、そういう求人をピックアップしてくれます。

また、接客が嫌で辞める人は、「保険診療は絶対条件!患者さんをお客様扱いしなくて良いところ」という希望を伝えて、さらに診療科や待遇面などを細かくリクエストすれば、それにあった求人を紹介してもらえますよ!

美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

このページの先頭へ