美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

美容外科と皮膚科で看護師の仕事は何が違ってくるの?

美容外科と皮膚科で看護師の仕事は何か違ってくるのでしょうか?

皮膚科といっても、ここでは美容皮膚科についてお話します。美容外科と美容皮膚科の看護師の仕事の違いについて知っておきましょう。

美容外科と皮膚科、看護師の仕事の違いは何?

美容外科と皮膚科で看護師の仕事は、何か違いが出てくるんでしょか?この似ているようで違う2つの美容関連の診療科は、どんな部分が違ってくるのでしょうか?

まずは、美容外科です。美容外科は「外科」ですからメスを使って、患者さんに美を提供する診療科になります。

具体的な施術は、二重まぶたにする手術や脂肪吸引、顎やえらを削る手術、豊胸手術などですね。いわゆる「美容整形手術」と言われる施術が美容外科の領域になります。

そのため、美容外科の看護師はこれらの手術の介助が主な仕事内容になるんです。

それに対し、美容皮膚科はメスを使わずにアンチエイジングや脱毛、リフトアップ、美肌作りなどを行う診療科です。

具体的な施術は、ヒアルロン酸の注入やボトックス注射、美容点滴、ビタミンC導入、プラセンタ注射、医療レーザーによる脱毛などですので、美容皮膚科の看護師は注射や医療レーザーの使用が主な仕事になります。

美容外科と皮膚科、看護師はこの2つの診療科の仕事を同時にできるの?

美容外科と皮膚科で看護師の仕事内容に違いがあることをご説明しましたが、「あれ?私、美容外科で脱毛してもらったことがあるんだけど」という看護師さんもいると思います。

その疑問も当然だと思います。確かに、美容外科でも美容皮膚科の施術を受けることができますから。

厳密に言うと、先ほどご説明したとおり、美容外科はメスを使う美容整形の手術を行い、美容皮膚科はアンチエイジングや美肌作りを行う診療科になります。

でも、美容外科と美容皮膚科は併設されているところが多いんです。

「○○美容外科・美容皮膚科クリニック」としているところもありますし、「○○美容外科」と名前でありながら、美容外科だけではなく美容皮膚科の施術を行っているところもあります。

ですから、美容外科で働く看護師はオペ介助だけではなく注射や医療レーザーの仕事も行うことになるんです。

美容外科の皮膚科は看護師にとって気楽な仕事になる?

美容外科と皮膚科、看護師はこの2つの診療科の仕事を同時に行うことになります。なぜなら、美容外科の中で美容皮膚科の施術も一緒に行っていることが多いからです。

ちなみに、美容外科の中にはメスを使った美容整形手術をメインにしているところと、美容皮膚科の施術をメインに行っているところがあります。

もし、あなたがオペ介助の経験がないという場合は、美容皮膚科の施術メインの美容外科で働くと気が楽になると思います。

美容外科の手術は総合病院のような大手術ではありませんが、それでもオペ室経験がない看護師さんにとっては、オペ介助をするのは気が重いですよね。

いくら入職後に丁寧に教えてもらえると言っても、向き不向きもありますし、できればオペ介助は避けたいと思うこともあるでしょう。

その点、美容皮膚科はメスを使った施術は行いませんので、気が楽なんです。オペ室経験がない看護師さんは多いですが、筋肉注射や静脈注射をしたことがないという看護師さんは少数派ですよね。

ですから、美容外科の中で美容皮膚科の施術がメインのクリニックで働くと、気楽に働くことができるんです。

「でも、美容皮膚科中心だと、お給料が低いんじゃい?」と心配になる人もいるでしょう。でも、大丈夫です。

確かに、美容整形をメインにした美容外科よりは、少しお給料の水準は下がることが多いのですが、それでも保険診療のクリニックよりはお給料が高めですので安心してくださいね。

まとめ

厳密に言うと、美容外科と美容皮膚科は違う診療科ですが、美容外科の中には美容皮膚科の施術も行っているところがたくさんあります。

美容皮膚科の施術を中心に行っている美容外科を選ぶと、オペ室経験がない看護師は気楽に働けるでしょう。

美容外科の中で美容皮膚科の施術を中心に行っているクリニックの求人を探すなら、転職サイトを使いましょう。

転職サイトなら「オペ室経験がないので、美容外科の中でも美容皮膚科中心のクリニックを紹介してください」と伝えれば、担当者がその条件に合った求人をピックアップしてくれるんです。

美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

このページの先頭へ