美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

美容外科の看護師の資格って、どんなものがあると良いの?

美容外科の看護師の資格ってどんなものがあると良いのでしょうか?そもそも、美容外科で働くのって、何か特別な資格が必要なんでしょうか?

美容外科の看護師に必要な資格と役立つ資格を教えます!

美容外科の看護師は資格が必要ですか?

美容外科の看護師になるのに、何か特別に必要な資格ってあるんでしょうか?

美容外科クリニックは、自由診療クリニックですよね。保険診療ではない自由診療のクリニックって、何か特別な感じがするので、「何か特別な資格が必要かも?」と心配になるかもしれません。

でも、大丈夫ですよ!安心してください。看護師が美容外科クリニックで働くのに、特別な資格は必要ありません。誰でも働くことができます。

もちろん、看護師資格は必要ですよ!看護師として働くんですから(笑)。ちなみに、美容外科の場合、准看護師でもOKという求人もあります。

美容外科クリニックで働くのに必要な資格は、「看護師免許」もしくは「准看護師免許」と言えるでしょう。

美容外科の看護師の資格で役に立つもの=美容業界で武器になる

美容外科の看護師の資格は、ただ看護師免許があれば良いのですが、自分自身のスキルアップのため、または少しでも良い看護をするために、美容外科クリニックで役立つ資格を取得するのも良いでしょう。

ご紹介する資格は、美容外科クリニックでの看護師の仕事に直接役立つわけではありません。

でも、「こういう資格を持っています!」など美容外科の採用試験でアピールすることができますし、患者さんとの会話のきっかけにもなりますので、話が弾んで施術の成約に一歩近づくというメリットがあります。

美容外科の看護師が取得すると良い資格をご紹介します。

ネイリスト

美容外科に来る患者さんは美容に関して意識が高い人が多いですので、ネイルに興味を持っている人も多いんです。

美容外科クリニックで働く看護師がネイリストの資格を持っていたら、施術中に会話に花が咲いて、営業しやすくなるはずです。

ネイリストの資格は公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターなどが認定しています。

エステティシャン

美容外科では美肌のための施術を行っていますので、エステティシャンの資格を取れば、仕事に活用することもできますし、患者さんに美肌のためのコツを教えたりすることができますね。

エステティシャンは一般社団法人日本エステティック協会や一般社団法人日本エステティック業協会が認定しています。

これらの資格を取得しておくと、患者さんから「この看護師さん、美容の意識がすごく高いな!信頼できるな!」と思ってもらえます。

さらに、将来的にあなた自身が独立して美容サロンを経営しようと思ったときにも役立ちますよね。

美容外科の看護師の資格で役立つもの=看護業界で武器になる

美容外科の看護師の資格で役立つもの、次は美容外科クリニックで役立つだけではなく看護業界で武器になる資格をご紹介します。

アロマテラピー

アロマテラピーはその効能が科学的にも証明されて、医療の世界でも使われることが多くなっていますよね。

リラックス効果の高い香りや美肌のための香りなどを知り、美容外科クリニックで患者さんにおすすめできると、営業成績が上がるきっかけになるでしょう。

アロマテラピーの資格は公益社団法人日本アロマ環境協会や日本アロマコーディネーターなどが認定しています。

リフレクソロジー

リフレクソロジーはむくみを軽減したり、リンパの流れを良くするためのものですので、美容に興味のある患者さんへのアドバイスに使うことができます。

リフレクソロジーの資格は日本リフレクソロジー協会が認定している資格があります。

アロマテラピーやリフレクソロジーは、美容外科クリニックだけでなく、将来は美容外科から緩和ケアや介護施設などに転職したときに、役立つ資格になります。

まとめ

美容外科クリニックの看護師は看護師資格があればOKですが、ネイリストやエステティシャン、アロマテラピー、リフレクソロジーなどの資格があると役立つでしょう。

また、これらの資格は将来美容サロンを開いたり、緩和ケアや介護施設に転職したときにも役立ちます。

もし、これらの資格を取得したことを直接給料に反映させてもらいたいという場合は、転職サイトを使って美容外科クリニックの看護師求人を探しましょう。

担当者に「私、アロマテラピーの資格を持っているんですけど、このことを評価して給料アップしてくれる美容外科クリニックってないですか?」と聞くと、そういう美容外科を探してくれますよ!

美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

このページの先頭へ