美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

美容外科の看護師のスキルは何が必要?美容外科で必要なスキルは3つ!

美容外科の看護師のスキルはどんなものが必要なのでしょうか?

美容外科で働きたいと思っているあなたのために、美容外科に必要なスキル、あったほうが良いスキル3つをご紹介します。

美容外科の看護師のスキル=オペ室の経験

美容外科の看護師のスキル、1つ目はオペ室の経験です。美容外科では、豊胸手術や脂肪吸引などのオペを行うことが多いですから、美容外科の看護師は器械出しなどオペの介助が重要な仕事の1つになります。

美容外科で行う手術は、大学病院のような大手術ではありませんので、輸血が必要になったり、昇圧剤を使わなくてはいけないような事態にはなりません。

でも、ドクターがオペをスムーズに進めやすいように的確な器械を的確なタイミングで出す必要がありますので、オペ介助のスキルがあると重宝されるのです。

もちろん、オペ介助のスキルがないと美容外科クリニックでは働けないというわけではありません。

オペ介助のスキルがなくても、入職後に少しずつ覚えていくこともできますので、オペ室経験がない看護師さんでも美容外科で働くことができますよ!

美容外科の看護師のスキル=コミュニケーションスキル

美容外科の看護師のスキル、2つ目はコミュニケーションスキルです。美容外科では看護師が営業をするところがあります。

来院した患者さんのカウンセリングをして、美容に関してどんな悩みを持っているのか、その悩みを解決するにはどんな施術をすれば良いのかをアドバイスするんです。

患者さんの悩みを正確に聞きだすためには、コミュニケーションスキルは必須ですよね。

また、営業をするということは、施術を契約してもらわなくてはいけませんので、施術を勧めながら、「こういう効果がある。この施術をすれば、こんな風になれる」のようにいわゆる「営業トーク」をしなければいけません。

おすすめした施術が、患者さんにとっていかに効果が高いか、いかに満足できる結果を生むかを患者さんに伝えないと施術を成約してもらえないんです。

美容外科の施術は決して安いものではありません。

安くはない施術をお客さんが「よし、やってみよう!これできれいになろう!」と思って成約するかどうかは、看護師のコミュニケーションスキルにかかっているといっても過言ではありません。

そして、美容外科の看護師が高いコミュニケーションスキルを持っていれば、そのことが自分自身の給料アップにもつながるのです。

先ほど、営業して施術の成約をしてもらうとお話しましたが、営業して成約してもらい、クリニックの売り上げに貢献すると、売り上げの一部をインセンティブとして給料に還元してもらえます。

ですから、美容外科クリニックの看護師は、患者さんがよりきれいになるためにも、自分自身の給料を上げるためにも、コミュニケーションスキルは必要なものなんです。

美容外科の看護師のスキル=美容への興味

美容外科の看護師のスキル、3つ目は美容への興味です。これは、厳密にはスキルとは言えないかもしれません。

美容外科クリニックは、「美」を追求する場所です。美容に高い関心があり、よりきれいになりたいと強く希望している人が受診します。

もし、そこで働く看護師が、肌はボロボロで髪の毛もボサボサ、お腹がデップリと出ていて、お世辞にもきれいでスタイルが良いとは言えない人だったら、患者さんはどう思うでしょう?

「こういう人が働いている美容外科クリニックは、ちょっと信用できないかも。高いお金を払って施術を受けても、実は効果がないんじゃないの?違う美容外科に行こう」と思うはずです。

そう思われてしまったら、患者さんはどんどん減ってしまいますので、美容外科クリニックにとっては大きな痛手となります。

そのため、美容外科クリニックで働く看護師は、美容に興味を持って、常にきれいでいようと努力しなければいけないのです。

ある意味、この美容への興味が美容外科クリニックの看護師にもっとも必要なスキルと言えるかもしれませんね。

まとめ

美容外科の看護師に必要なスキルは、オペ介助のスキルとコミュニケーションスキル、そして美容への興味の3つです。

もし、オペ介助のスキルがなく、入職後に覚えたいという人やコミュニケーションスキルに自信がないという人は、転職サイトを使いましょう。

転職サイトなら、オペ室未経験でも丁寧に指導してくれるクリニックや看護師が営業しなくて良い美容外科クリニックの求人を紹介してくれるんです!

美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

このページの先頭へ