美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

美容外科の看護師の役割ってどんなこと?美容外科の看護師の役割3つ!

美容外科の看護師の役割ってどんなことでしょうか?

美容外科の看護師の役割3つをご紹介します。美容外科で働きたいと思っているあなたは、まず美容外科の看護師の役割をきちんと知っておきましょう。

美容外科の看護師の役割=患者さんの悩みを理解する

美容外科の看護師の役割、1つ目は患者さんの悩みを理解することです。美容外科クリニックに訪れる患者さんは、美容の悩みや外見のコンプレックスを抱えています。

そして、その悩みを解決したい、コンプレックスを解消したいと思って、美容外科を受診するんですよね。

でも、患者さんは具体的にどうすれば悩みやコンプレックスを解消できるのかわかりません。

そこで、専門的な知識を持つ看護師が「こうすれば良くなりますよ。」、「こういう施術をすると、悩みが解決しますよ。」のようにアドバイスして、良い施術を勧める必要があります。

親身になって患者さんに最善の方法を提案するためには、患者さんの悩みをしっかりと理解し、共感する必要があります。

表面上だけ理解したつもりになって施術を提案しても、患者さんは施術後に「なんか違うんだよなぁ」とか「もうちょっとこうしたかったんだけど」という不満を抱えるリスクが高くなります。

そのため、患者さんの悩みをきちんと理解することが美容外科の看護師の役割なのです。

美容外科の看護師の役割=患者さんの不安を解消する

美容外科の看護師の役割、2つ目は患者さんの不安を軽減することです。美容外科の患者さんは、自分からきれいになろう、コンプレックスを解消しようと思って美容外科を受診します。

そして、自分で施術を受けることを決心します。でも、自分で決めたことでも、施術前は期待と同時に不安も持っているんです。

理想の自分になれるだろうか、失敗しないだろうか、痛くないだろうかなどですね。そんな不安を抱えたまま施術に臨むことは、患者さんにとって恐怖以外の何物でもありません。

ですから、美容外科の看護師は施術前の患者さんの気持ちや考え、心配なことなどを聞きだして、それを1つ1つ解消するような精神的なケアを行う必要があるんです。

患者さんの精神的なケアをすること、施術への不安や恐怖心を取り除くことが美容外科の看護師の重要や役割と言えるでしょう。

美容外科の看護師の役割=コンプレックスを正確かつスムーズに解決する

美容外科の看護師の役割、3つ目は患者さんのコンプレックスを正確かつスムーズに解消することです。

美容外科に来院した患者さんの悩みを理解し、施術への不安を取り除いたら、今度は悩みやコンプレックスを正確かつスムーズに解消することが美容外科の看護師の役割になります。

患者さんのコンプレックスを解消するには、施術を正確に、そしてスムーズに行わなくてはいけません。この施術を正確にスムーズに行うことが、美容外科の看護師の役割の3つ目になります。

たとえば、豊胸手術や脂肪吸引などでは、ナースがオペの介助を正確に行うことで、オペがスムーズに進みますので、患者さんの身体的な負担を軽減することができます。

また、美容点滴やボトックス注射などは、注射が上手な看護師さんが行えば、患者さんは痛みが少なくて済みますよね。

美容外科の看護師は、高い看護スキルを持つことで、患者さんのコンプレックスをスムーズに、しかも負担なく解決することができるのです。

まとめ

美容外科の看護師の役割は、来院した患者さんの悩みをきちんと理解すること、施術前の不安を解消すること、コンプレックスを正確かつスムーズに解決することの3つがあります。

これらの美容外科クリニックの看護師の役割を知って、「美容外科クリニックの仕事をしてみたい!」、「私、美容外科の看護師に向いているかも!」と思った人は、転職サイトを使って、美容外科の求人を探すと良いですよ!

転職サイトなら担当者に、「美容外科クリニックの中でも、患者さんの精神的なケアに力を入れているところ」と伝えれば、美容外科クリニックの看護師としての役割をしっかり果たせるクリニックを紹介してもらえます。

美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

このページの先頭へ