美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

美容外科の看護師の本音って何?美容外科の看護師の本音を知りたい!

美容外科の看護師の本音って何でしょうか?美容外科クリニックで働く看護師さんは、心の中ではどんなことを考えながら働いているのでしょう?

美容外科クリニックで働く看護師さんの本音をまとめてみました。

美容外科の看護師の本音=美容外科に向いている人の本音は?

美容外科の看護師の本音、まずは美容外科に向いている人の本音です。美容外科クリニックに向いている人と言えば、美容が好きな人や営業が上手な人です。

こういう人は、美容外科クリニックで働きながら、どんなことを考え、どんな本音を持っているのでしょうか?

日勤のみで給料が高くてラッキー♪

美容外科クリニックに向いている看護師さんの本音1つ目は、「日勤のみなのに、給料が高いからラッキー♪」です。

美容外科クリニックはほとんどのところで19~20時ごろまでの診療になりますので、日勤のみの勤務になります。

一般的に日勤のみの勤務だと、給料は30万円以下が相場になりますが、美容外科の場合30万円以上が普通、高いところだと40~50万円も狙えるんです。

ですから、美容外科に向いている看護師さんは、日勤のみで給料が高いなんてラッキー♪と本音で思いながら働いているんです。

頑張ればそれだけ給料が上がるからやる気が出る!

美容外科に向いている看護師さんの2つ目の本音は「頑張ればそれだけ給料が上がるからやる気が出る!」です。

美容外科クリニックの中には、看護師に営業ノルマを課すところがあります。

営業が得意な看護師さんにとっては、ノルマを達成すればボーナスが出るし、頑張れば頑張っただけ給料が上がりますので、仕事のモチベーションがアップするんです。

美容外科の看護師の本音=美容外科に向いていない人の本音は?

美容外科の看護師の本音、次は美容外科クリニックに向いていない人の本音をご紹介します。

誰でも美容外科に向いているというわけではありませんよね。給料の高さに惹かれて転職したけれど、営業が苦手だったり、患者さんをお客様扱いすることに違和感を感じている看護師さんもいるんです。

そんな看護師さんは、どんなことを本音で思いながら働いているのでしょうか?

毎月のノルマがきつい

美容外科クリニックに向いていない看護師さんの本音1つ目は、「毎月のノルマがきつい」です。

先ほどもお話しましたが、美容外科クリニックでは看護師にノルマを課すところがあります。

営業が得意な看護師さんは、ノルマがあっても苦にならず、むしろ給料アップのチャンスと捉えることができるのですが、営業が苦手な看護師さんにとっては、プレッシャー以外の何物でもありません。

「はぁ、また今月もノルマを達成できなかった」、「今月、まだ1件も成約を取れていないんだけど、どうしよう」とノルマの存在が憂鬱な気持ちになる原因となってしまうんです。

職場のカーストが嫌だ

美容外科クリニックに向いていない看護師の本音2つ目は、「職場のカーストがきつい」です。

美容外科クリニックでは、営業成績によって職場での立ち位置が決まってきます。もちろん、営業成績が良ければ立場は上、営業成績が悪ければ立場は下になります。

年齢やそのクリニックでの経験年数よりも、営業成績がものを言うんです。

そして、営業成績は数字としてわかりやすく現れますので、職場内でのカーストが生まれやすく、営業が苦手な看護師さんにとっては、居心地が悪くなってしまうのです。

サービス業のような接客に違和感

美容外科では患者さん=お客様ですので、美容外科の看護師はサービス業の人がお客様に接するような接遇が求められます。

そのため、「私はサービス業じゃなくて看護師なのに」と患者さんにお客様として接することに違和感を持ってしまう人もたくさんいます。

美容外科の看護師の本音=美容外科の看護師全員に当てはまる本音は?

美容外科の看護師の本音、最後は美容外科クリニックで働く看護師さん全員が心の中で思っている本音をご紹介します。

美容外科クリニックで働く看護師全員が持つ本音は、「このままずっと働いていられるんだろうか」という不安です。

美容外科クリニックは定年退職まで勤められる職場なのかを不安に感じているんです。これは、美容外科クリニックに向いていない人だけではなく、美容外科に向いている看護師さんも、心の奥底で思っている本音です。

なぜなら、美容外科クリニックは看護師の年齢層が若いですから、定年退職まで勤められないかもしれないという不安がありますし、自由診療なので経営状態が悪化して倒産したら、どうしようという不安もあるんです。

特に、美容外科クリニックはほかの一般的な診療科とは違い、少し特殊な領域ですので、40歳50歳になってから保険診療の病院やクリニックに転職できるのかとか、倒産して失業したら、再就職できるのかという不安を持つんですね。

でも、大丈夫ですよ!美容外科クリニックは年齢制限がないので、定年退職まで勤めることができますし、美容外科クリニックから一般の病院やクリニックに転職することもできるんです。

美容外科クリニックでオペ介助や注射経験はたっぷり積んでいますよね。それなら、どこの職場でも重宝されること間違いなしですよ!

まとめ

美容外科クリニックで働く看護師の本音は、美容外科に向いている人、向いていない人では、まったく違う本音を持って働いています。

そのため、美容外科では「自分に向いているか」を見極めることが大切なのかもしれませんね。

また、今後もずっと働いていけるのかという不安という本音を持っている看護師さんも多いですが、この不安はそれほど気にする必要はないでしょう。

もし、あなたが「私は美容外科に向いていると思うし、営業が得意だから、もっとインセンティブがもらえるところで働きたい」という場合は、転職サイトを使って転職しましょう。

転職サイトなら、より高収入が稼げる美容外科クリニックの求人を紹介してもらえるんです!

また、あなたが「美容外科で働きたいと思っているけれど、私は美容外科に向いていない。ノルマをストレスに感じると思う」と心配なら、転職サイトを使うと、ノルマがない美容外科クリニックを紹介してもらえます。

さらに、40代50代の看護師さんが働いている美容外科クリニックやオペ介助などのスキルアップがしやすい美容外科クリニックも紹介してもらえるんですよ!

美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

このページの先頭へ