美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

美容外科の看護師の仕事内容ってどんなことをするのか知りたい!

美容外科の看護師の仕事内容ってどんなことをするのでしょうか?

美容外科の看護師は、一般的な診療科とはちょっと違う仕事をしているイメージがありますよね。

美容外科の看護師の仕事内容を詳しく教えます!これを読めば、美容外科の看護師の仕事が丸わかりですよ!

美容外科の看護師の仕事内容=オペ介助

美容外科の看護師の仕事内容、1つ目はオペ介助です。美容外科クリニックでは、脂肪吸引や豊胸手術などのオペをすることが多いんです。

そのため、美容外科クリニックの看護師はオペの介助をしなければいけません。

総合病院のような大手術はありませんが、それでも器械だしを行ったり、清潔・不潔の区別をしっかり持って、感染予防に努めなければいけないのです。

オペ室経験がある看護師さんにとっては、美容外科の看護師の仕事内容にオペ介助があることは、美容外科で働く上でそれほど高いハードルには感じず、むしろ「経験を活かせるからラッキー」と思うことが多いでしょう。

でも、オペ室経験がない看護師さんにとっては、仕事内容にオペ介助があることで、「私には美容外科は無理かも」と思って、美容外科で働くことを躊躇してしまう場合があると思います。

意外に思うかもしれませんが、オペ室経験がある美容外科クリニックの看護師さんって少ないんですよ。みんなオペ室未経験だけど、美容外科クリニックに入職してからオペ介助の仕事を覚えているんです。

ですから、やる気さえあれば、オペ室経験がなくても美容外科クリニックで働けますので安心して下さいね。

美容外科の看護師の仕事内容=注射が多い

美容外科の看護師の仕事内容の2つ目は注射です。美容外科の看護師さんって、注射をする機会がとても多いんです。

これはちょっと意外かもしれませんね。

美容外科というと二重にしたり、脂肪吸引をしたりなど「美容整形」のイメージが強いですから、美容外科で注射をするというイメージはあまり持っていない看護師さんもいると思います。

でも、美容外科では「美容整形」以外にも、美容皮膚科の領域であるヒアルロン酸を注入したり、美容に良いプラセンタやにんにく注射、美容点滴をすることも多いんです。

ですから、美容外科クリニックの看護師は、注射をする機会がとても多いんです。

「私、静脈注射があんまり得意じゃないなぁ」と不安になる看護師さんがいるかもしれませんが、美容外科を受診する患者さんは基本的に健康な人ばかりです。

そのため、病棟に入院している患者さんのように、血管が細くて脆くて、しかも蛇行していて…ということはほとんどありませんので、病棟である程度静脈注射ができていれば、美容外科クリニックでも問題なくできるはずです。

美容外科の看護師の仕事内容=カウンセリング

美容外科クリニックの看護師の仕事内容3つ目は、カウンセリングです。

美容に関する悩み、外見に関する悩みを抱えている患者さんの相談に乗って、その患者さんにはどんな施術が適しているのかをアドバイスする仕事ですね。

また、施術を勧めて、契約をしてもらえれば、営業成績が上がり、その分お給料が上がる仕組みになっています。

カウンセリングの仕事をして、契約をしてもらえれば、それだけお給料がアップするというわけです。

「私、カウンセリングなんてできないかも。」と不安になる人は、看護師の仕事内容にカウンセリングが含まれない美容外科クリニックを探しましょう。

美容外科クリニックのすべてで、看護師がカウンセリングをしなければいけないというわけではありません。専任のカウンセラーを置いているところもあるんです。

ですから、カウンセリングに自信がない人、「営業なんてできない」という人は、仕事内容にカウンセリングがなく、オペ介助や注射などが主な仕事内容になる美容外科クリニックで働くと良いでしょう。

まとめ

美容外科クリニックの看護師の仕事内容は、オペ介助や注射、カウンセリングがありますが、これ以外にも医療レーザーの照射なども美容外科クリニックの看護師の仕事内容になります。

オペ室経験がなくても、丁寧にオペ介助の仕事を指導してくれるところやカウンセリング業務がない美容外科クリニックを探すなら、転職サイトを使うと良いですよ!

転職サイトなら担当者に「オペ室経験がないので、指導体制が整っているところ」とか「仕事内容にカウンセリングがないところ」と伝えれば、それに合った求人を紹介してもらえるんです。

美容外科の看護師の転職に強い求人サイトは、どこ? 美容外科の看護師の記事一覧

このページの先頭へ